トピックス

吹奏楽指導者マスタークラス

2018新設

指導者に必要なスキルを
吹奏楽・マーチングの
プロフェッショナルから学ぶ

ますます進化する日本の吹奏楽界や教育現場を背負って立つ人を育てたい。
その願いを込めて、「吹奏楽指導者マスタークラス」が2018年度から始まりました。
音楽大好き、吹奏楽大好きの皆さん、吹奏楽指導者を目指しませんか。
座奏からマーチングまで、指導のためのスキルやテクニックを4年間で一挙に学びます。
教職課程を履修すれば、中学・高校の「音楽」の教員免許取得も可能です。

Marching Wind Ensemble
Point1 
吹奏楽とマーチングの双方から学べます

指導法

吹奏楽・マーチングの双方の指導法について、それぞれプロフェッショナルから、指導者として必要不可欠なスキルを学びます。

吹奏楽指導法

実際の合奏指導法から楽譜の編曲法まで、吹奏楽指導者として必要な様々なスキルを学びます。

吹奏楽指導法の図

指導教員

宍倉 晃

宍倉 晃 (埼玉栄高等学校 吹奏楽部コーチ)

日本の吹奏楽の普及率はとても高く、特に中学生と高校生の心を育てるための大きな存在となっています。このコースで指導者として必要な事を学び、音楽と人の心を育てられる指導者を目指して欲しいと思っています。
一緒に頑張りましょう。

マーチングパフォーマンス

在学中にマーチングバンド指導者ライセンス1級まで取得可能なカリキュラムを設置しています。

マーチングパフォーマンスの図

指導教員

田中 久仁明

田中 久仁明 (一般社団法人日本マーチングバンド協会理事長)

マーチングを4年間で学び、指導者としての高いスキルを身に付けるカリキュラムが作られたことは、日本の音楽大学史上画期的な出来事です。
みなさんが卒業する時、今まで以上に吹奏楽指導者として自信を持った人材として羽ばたくことを願っています。

中村 裕治

中村 裕治

一般社団法人日本マーチングバンド
協会公認指導員。
ドラムコージャパン公認審査員。
マーチング打楽器指導者。

大川 勝己

大川 勝己

一般社団法人日本マーチングバンド
協会公認指導員。
ドラムコージャパン公認審査長。

アンサンブル

吹奏楽やマーチで最も重要となる「アンサンブル力」を、自ら演奏することによって身に付けます。
クラシックからポップスまで様々なジャンルの音楽を学びます。

管打合奏

演奏技術・アンサンブル力の向上はもちろん、実際の吹奏楽曲を演奏することにより、指導者としての経験値を積むことができます。

管打合奏(吹奏楽) ポップスパフォーマンス 吹奏楽

指導教員

織田 浩司

織田 浩司 (オリタ・ノボッタ/BIGHORNS BEE(米米CLUB ホーンセクション))

「吹奏楽のための吹奏”学”」吹奏楽の現場では、プロそしてアマチュアを問わずポップスの知識、奏法は不可欠です。JAZZ、ラテン、ROCK、FUNK….様々な音楽を楽しみながら学びましょう。

大和田 雅洋

大和田 雅洋 【響け!ユーフォニアム】音楽監督/【リズと青い鳥】吹奏楽監修

「吹奏楽指導法、マーチング、管打合奏と3つの柱を持つこのコースは他に類を見ない画期的なマスタークラスとなっています。ここでの勉強は必ず、将来の吹奏楽指導に役立つでしょう。憧れの吹奏楽指導者を目指して共に頑張りましょう!

Point2 
様々なアンサンブルで演奏ができます

管楽器、打楽器コースの学生とサクソフォーンオーケストラ、フルートオーケストラ、ブリティッシュブラス、ファンファーレオルケストなどを通して、どんなアンサンブルにも対応できるスキルが習得できます。

  • フルートオーケストラ

    ピッコロ・グランド・アルト・バス・コントラバスの5種類のフルートと打楽器で構成される同属楽器のオーケストラです。フルート独自の爽やかなサウンドで、様々な作曲家の名曲をオリジナルの編曲で学びます。

    フルートオーケストラ
  • ブリティッシュブラス

    コルネット、ユーフォニアムに代表されるサクソルン属の楽器にトロンボーン、打楽器を加えた英国スタイルの金管バンド。基本編成・中編成・大編成の3つのスタイルで合奏を行います。

    ブリティッシュブラス
  • サクソフォーンオーケストラ

    ソプリロからコントラバスまで8種のサクソフォーンと打楽器で編成される、同属楽器のオーケストラです。これまでに4枚のCDをリリースし、全世界から注目を集めています。

    サクソフォーンオーケストラ
  • ファンファーレオルケスト

    サクソフォーンを発明したことで有名なベルギーのアドルフ・サックス氏が発案した合奏形態で、オランダやベルギーを中心に広く親しまれています。編成はサクソフォーン・金管・打楽器です。

    ファンファーレオルケスト
表
Point3 
世界中で活躍する演奏家から学べます

年間30回の個人レッスン(1回50分)ではシエナ・ウインド・オーケストラや東京佼成ウインドオーケストラをはじめ、NHK交響楽団など国内主要楽団でも活躍中の175名のスペシャリストから先生を指名できます。

指導陣紹介(一部抜粋)

  • 前田 綾子
  • 丸田 悠太
  • 新井 清史
  • 有馬 理恵
  • 大浦 綾子
  • 中村 めぐみ
  • 松本 健司
  • 佐藤 由起
  • 貝沼 拓実
  • 松井 宏幸
  • 勝俣 泰
  • 上田 じん
  • 佐藤 友紀
  • 本間 千也
  • 山口 隼士
  • 黒岩 綾乃
  • 庄司 恵子
  • 小倉 貞行
  • 近藤 陽一
  • 高田 亮
  • 中村 祐子
取得できる資格
取得できる資格

教職課程認定申請中(法改正に伴う再課程認定)
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

幅広く活躍できる将来像
  • 吹奏楽部やマーチング部金管バンド部等の指揮者・指導者
  • ドリルデザイナー
  • 音楽科教員
  • 音楽教室等のインストラクター
  • 吹奏楽曲やマーチング曲を得意とする作編曲家
  • 指導法を熟知した演奏家
  • 公務員の音楽隊員

など

個人レッスン01 個人レッスン02
入試情報
(AO入学試験・指定校推薦入試・一般入学試験)

受験可能楽器

  • フルート
  • オーボエ
  • クラリネット
  • ファゴット
  • サクソフォーン
  • ホルン
  • トランペット
  • トロンボーン
  • ユーフォニアム
  • テューバ
  • コントラバス
  • 打楽器

(ピッコロフルート、バスクラリネット、ソプラノ/テナー/バリトンサクソフォーンなど特殊管での受験も可能。)

※特殊楽器での受験の場合は、事前に入試センターまでご連絡ください。
※コントラバスで受験する場合は、管楽器コースでの出願になります。

試験内容

  • 専門実技

    ①作文(800字以内/制限時間60分)
    ②3分程度の演奏パフォーマンス(楽譜を見ながらの演奏も可)選曲ジャンル、形態は自由とする。

  • 面談
入試案内

4年間で修得すべき楽曲一覧

音楽大学生として必ず修得すべき楽曲を以下に提示します。
自分のレベルに合ったカテゴリーから複数選択し十分に練習を積んでください。
卒業までにすべてのカテゴリーを学修することを強く勧めます。

4年間で修得すべき楽曲一覧

コンクール受賞者

掲載日 名前 コンクール名 賞名
2020.02.20 フィッシュ&チップス
(金管五重奏)
第1回 ジャパン・ブラスバンド・アンサンブル・ナショナル・チャンピオンシップ 全国大会 第3位・最優秀賞
2020.01.31 二瀬 結衣
(クラリネット)
第1回 東京国際管楽器コンクール グランプリ
(木管ソロ部門 第1位)
2020.01.28 近藤 沙耶
(サクソフォーン)
日本奏楽コンクール 審査員特別賞
2020.01.28 近藤 沙耶
(サクソフォーン)
第5回 Kサクソフォーンコンクール 第2位
2020.01.16 清水 涼花
(フルート)
第25回KOBE国際音楽コンクール 奨励賞
2019.11.21 津田 真人
(サクソフォーン)
第22回ウィーン国際音楽コンクール "Grand Prize Virtuoso" 第1位
2019.11.21 津田 真人
(サクソフォーン)
第7回ニューヨーク国際音楽コンクール "Golden Classical Music Awards" 第1位
2019.11.11 小澤 瑠衣
(サクソフォーン)
2019年アドルフサックス国際コンクール 第2位
2019.11.11 齊藤 健太
(サクソフォーン)
2019年アドルフサックス国際コンクール 第1位
2019.10.08 佐々木 美緒
(フルート)
第21回 日本演奏家コンクール 木管楽器部門 第1位
文部科学
大臣賞
毎日新聞社賞
2019.10.03 吉田 怜生
(テューバ)
第5回 K金管楽器コンクール 第1位
2019.09.20 小林 千夏
(フルート)
日本奏楽コンクール 審査員特別賞
2019.09.20 佐々木 美緒
(フルート)
日本奏楽コンクール 第1位(カール・ニールセン賞)
2019.09.19 吉田 怜生
(テューバ)
日本奏楽コンクール 第1位(現代音楽賞)
2019.09.19 吉田 怜生
(テューバ)
The 15th International Music Competition in Japan 第3位
一覧はこちら