トピックス

ミュージカルコースの授業『シーンスタディⅢ』を紹介します。

2023.01.25

今回はミュージカルコースの授業『シーンスタディⅢ』をご紹介します。
この日は教室ではなくMUSIC POOL CINOでの授業ということで、本番に向け学生たちもより一層気合の入った様子で取り組んでいました。

 

授業の代表教員であるtekkan先生にお話を伺いました。

この授業では、ミュージカルに必要な技術として歌唱、ダンス、演技など、それぞれの授業で学んだことを統合し、実際のミュージカルシーンを創りあげ学んでいく授業です。更にソロ以外にも最もミュージカルに必要な、それぞれのスキルを全体のクラスの中で生かし、その中での役作りと調和、アンサンブル力も身に付けていきます。
前期は、3rd Year revue、後期は1年生と合同で行うWinter Musical Showcaseとしてそれぞれ授業成果発表の場を設け、実際に観客の前で実演していき、数々の舞台に対応できるスキルを身に付けていきます。
それらのショーでは、マイクも付け、照明、音響、楽団まで入り、本格的にショーアップされ、なかなか味わえないプロ公演さながらの体験ができるのもこの授業の醍醐味ではないでしょうか。

 

また、この授業を履修している学生さんにもコメントをいただきました。

3年 北嶋さん

シーンスタディⅢではシーンスタディⅠ・Ⅱ、歌・ダンス・演技などそれぞれの授業で学んだことを活かしながら授業に取り組んでいます。
3年生になってからは先生方ご指導のもと、自分たちで演出や構成、振り付けを考え発表する場をいただき実践能力を向上させることが出来たのではないかと思います。
また、自分たちが舞台上で演じるだけでなく、舞台を作り上げるには欠かせない舞台裏の仕事も同時に学ぶことが出来き、とても充実した時間を過ごせています。

 

ミュージカルコースでは、在学中にたくさんの経験を積み、将来はプロフェッショナルな舞台人に育って欲しいという強い思いから様々な発表の場を設けています。中でも、この邦楽ミュージカルは、多彩なコースの存在する洗足学園音楽大学ならではの公演です。今後も様々な発表の場を用意し、プロフェッショナルな舞台人の育成を目指してまいります。