トップ > 大学院 > カリキュラム > 自由度の高いカリキュラム
自由度の高いカリキュラム
専門分野を追求する、自由度の高いカリキュラム。
大学4年間で培った専門分野の研究を深め、学生一人ひとりの目標に沿って深く音楽を追求するため、専門分野はもちろん、他分野で活躍する教授陣の指導も受けられるカリキュラムを用意しています。
基本となる各楽器のレッスンをベースに、個々の学生の研究テーマに合せた自由度の高い、発展的なカリキュラムで学べることが特長となっています。例えば、コンクールに挑戦したいという意思を持つ学生ならそれに対応した学修を、将来オーケストラに所属したい学生ならオーケストラ・スタディを徹底的に探究できます。
学生がそれぞれの研究目標を定め、そこに到達できるよう、何通りものカリキュラムが組める教育体制を整えています。

一人ひとりのカルテを作るように、自分のやりたいことをどこまでも追求できるシステム―これが洗足スタイルです。
器楽専攻
ピアノ 管楽器 弦楽器 打楽器 電子オルガン 和楽器 オルガン
専門
必修科目
専門
選択科目
共通
選択科目
声楽専攻 音楽教育学専攻 作曲専攻
作曲 音楽・音響デザイン
専門
必修科目
専門
選択科目
共通
選択科目
*レッスン科目を除く ※上記以外に大学の授業を自由科目として履修することができます。
プロフェッショナル特殊研究
学生が研究したいアンサンブルや個人レッスンを中心とした、世界の第一線で活躍する教授陣による実践授業。
教授陣それぞれの専門的見地からの指導により、多角的に音楽を捉え、研究することができます。
>>> 大学院シラバス (※「ゲストユーザー」からご覧になれます。)