コース紹介

コース代表メッセージ

塩田 美奈子

オペラや歌曲、宗教音楽からミュージカル、ポップスやボカロの歌い手まで、あらゆるジャンルの歌を自分の声で自在に表現することができたら、どんなに素敵でしょうか。洗足学園音楽大学声楽コースでは、全身を楽器として響かせ、伝統的な発声法に基づいた自由な表現により舞台に立つ表現者を目指して、国内外第一線で活躍されているオペラ歌手や声楽家、演劇、ダンスなど各界のスペシャリスト、英・伊・独・仏語のネイティブの先生方など最強の指導陣で学生一人一人の輝きを見出します。

コースの特色

  • 正しい発声を身に付ける基礎力の充実
  • オペラ、宗教曲、歌曲の3つを中心とした音楽表現の充実

基礎

BasicPoint1
声楽家にとって必要な基礎力を身に付けるため、1・2年次にしか履修できない基礎演習など、確実に力を付けるカリキュラムが整っています。
  • レッスン(声楽研究)50分/週

    学生が教員を指名できるため、憧れの先生の指導を受けることができます。

  • 基礎演習(1・2年次のみ)90分×2コマ/週

    正しい発声・正しい発語・舞台演技を中心に学ぶことで、声楽家にとって必要な基礎力を身に付けます。

  • ボディ・マッピング
    長井 芽乃
    身体の構造や機能を理解し、自分の身体(ボディ)を筋感覚的に知覚(マッピング)することで、重要な発声法を学びます。
    「豊かに響く声」「脱力」「深い呼吸」「お腹のささえ」「高い声が出ない」「息が続かない」「巻き舌ができない」などの悩みを解決するヒントには正確なボディ・マップ(身体地図)が関わっています。脳科学をベースに身体の構造や機能を知って、簡単なワークや身体のリセット法など歌唱に役立つ情報を楽しく学びましょう!
    Profile
    フルート奏者として音楽活動を続ける中、交通事故を機に「音楽家のためのボディ・マッピング」の指導者資格を取得(現在日本に5名)。苦痛なく楽しく学べる指導は“カヤノ・マジック”と呼ばれ、世界中の演奏家達から信頼を集めている。
  • ディクション
    カリオラ
    グイード
    〈イタリア語・ドイツ語・フランス語発音指導〉
    3つの言語のディクション全てをネイティブの講師から学ぶことができます。
    芸術作品の解釈や理解を深めるためにも、また健やかな声のためにも、正しく美しい原語を習得し、発音することはとても大切なことだと思います。私がそれについてのお手伝いを学生の皆様へできることを、今からとても楽しみにしています。皆様、お会いできるのを待っていますよ!!
    Profile
    イタリア出身。パルマのアリゴボーイト音楽院を経て、オジモ国際オペラアカデミーに学び、成績優秀者としてディプロマを取得。国際声楽コンコルソ デイヴァ・マリーナ入賞、国際コンコルソ ジャンルーカ・リッチ 入賞。合唱、ソリストとして数々のオペラフェスティバルやコンサートなどにも出演、イタリア各地で好評を得る。
  • アクティング
    北澤 秀人
    舞台人として大切なステージでの立ち振る舞い、身体表現、演技を基礎から徹底的に身に付けることができます。
    演ずるということは実際に行動することです。そしてそこには行動のリアリティが必要となります。すなわち、役として存在し、役として具体的に行動することが大切です。このことは俳優のみならず、あらゆる表現者に必要なものです。さあ、一緒に表現者になるための準備をはじめましょう。 Acting is doing!
    Profile
    蜷川幸雄、山田和也、鵜山仁、宮田慶子などの演出助手を経て、フリーの演出家に。大劇場から小劇場まで様々なジャンルの舞台を演出し、その繊細な心象描写と劇場空間の構成に定評がある。最近の演出作品に「マイストーリー」オフ・ブロードウェイ・ミュージカル「テン・ミリオン・マイルズ」全国巡演中の「見上げてごらん夜の星を」がある。その他、リーディング公演マーティン・クリンプ作「アテンプツ・オン・ハー・ライフ」での演出など幅広く活動中。
  • 歌曲(イタリア・ドイツ・フランス・日本)
    声楽家は表現すること、聴衆へ訴えることが大切です。詩をよく理解し、発音の質を高め、美しく歌い上げる力を身に付けていきます。
  • オペラ
    レチタティーヴォ、二重唱、三重唱などアンサンブルを中心に歌唱法と演技の表現法を研究します。
  • アンサンブル
    お互いの声質やハーモニーを感じ、声楽アンサンブルが生み出す響きの美しさ、音楽の楽しさを体得します。
  • ソルフェージュ
    ソルフェージュの中で歌唱に特化した教材を中心にしてトレーニングすると共に、譜読能力の徹底を目指します。
  • 声楽史
    バロック、古典、ロマン派、近現代の4つの時代ので、様々な作品に込められた音楽家の思想や社会的背景をたどりながら、声楽の歴史を深く勉強していきます。
  • ミュージカルの魅力
    舞台芸術の歴史や日本と諸外国のミュージカルの現状、ミュージカルの発声法や音楽のスタイルをオペラと比較しながら学びます。実際にミュージカルの楽曲を歌い、演じることで、舞台人としての意識を高める授業です。

実践

PracticePoint2
本学の前田ホールのみならず、霊南坂教会など、大きな舞台で、オペラ、宗教曲、歌曲の3つを中心とした音楽表現の経験を積むことができます。
  • オペラ実習 [オペラ]

    総合芸術であるオペラを1、2年次で養った基礎能力を基本に実践的に研究します。また、前田ホールで試演会を行い、履修者全員が必ずソロを歌うことができます。学生の声質に合わせた配役のもとで学ぶことにより、声での表現、体の動かし方、所作を習得します。

  • アンサンブル実習 [声楽アンサンブル]

    アンサンブルの素晴らしさや楽しさを味わい、技術的向上を目指します。バロック、古典派、ロマン派時代の教会音楽を中心に学び、授業の成果発表として毎年霊南坂教会などで発表会を行います。

  • 歌曲研究 [歌曲]

    イタリア・ドイツフランス・日本
    ディクションをネイティブの指導陣を通して実習します。正しく、美しく発語できるよう子音や母音の扱い方について丁寧に指導し、各言語の持つ特色を活かした表現を学びます。

  • 専門合唱 [合唱]

    声楽コースとしてのプライドと自覚を持って、お互いに切磋琢磨しつつ自分の担当する声部と他声部、伴奏楽器との関係を学びます。夏と冬に行われる「合唱の祭典」では他のコースの合唱履修者と共に、総勢300人でステージに立ちます。

挑戦

ChallengePoint3
クラシックの発声を基礎として、様々なジャンルへ!

新クラス開設!新しいスタートライン

コーラスアンサンブルクラス

大学4年間、ポピュラーやジャズ、ゴスペルなど、クラシック以外のジャンルのアンサンブルを学びます。個人レッスンで、基礎力としてのクラシックの発声を磨き、グループレッスンでアンサンブル能力の徹底をはかります。またヴォーカルアンサンブルの授業では実際の作品を通して、リズム感、言葉の発音、マイクの使い方、ステージパフォーマンスなどを、録音、録画を用いてトレーニングします。
個人レッスンはなるべく多くの先生から広く学べるようにレッスン・オン・デマンドのシステムをとっています。

詳しくはこちら
声楽コース全体像
入学
声楽コース
入学
コーラスアンサンブルクラス

※新設のコーラスアンサンブルクラスは、クラシック の発声をベースに、ポピュラーアンサンブルを4年間学びます。

学生からのメッセージ

澤田 真里愛 声楽コース/2年 東京都/日出高等学校卒業

「幅広いジャンルの舞台に立つ夢を実現するため、基礎である発声を学んでいます。」

小学生の時にミュージカル「アニー」でアニー役を演じたことが音楽との出会いでした。そこから中・高と音楽を習い声楽と出会い、ミュージカルや舞台に立ちながら歌の勉強をしています。声楽コースを選んだ理由は、声の勉強と基礎である発声について学びたかったからです。他大学では学べないボディマッピングや演技指導の授業も魅力的。他コースの授業も選択できるので、私はミュージカルも学んでいます。自分のやりたいことを自由に学べるのが、洗足の大きな特長です。