教員・指導陣紹介

井川 裕美子 Yumiko Igawa

ピアノ

現在の活動

演奏、コンクールの審査。

略歴

3才よりピアノを始める。東京芸術大学音楽学部ピアノ科を経て同大学院ピアノ科修了。学内にて東京芸大オーケストラとモーツァルト・ピアノ協奏曲K.595を協演。又、東京文化会館(小)における第1回芸大室内楽定期演奏会において、フランクのピアノ五重奏曲を演奏。大学院在学中「クロイツァー賞」受賞。第53回神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。1978年東京ゾリステンと協演。1982年より室内楽の演奏会を重ね、1986年に約1年間、米国にて研鑽を積む。この間サロンコンサートに出演。帰国後、ピアノリサイタル開催。その後「シューマン&ブラームスの夕べ」(新宿文化センター)、ジョイントリサイタル(ひまわりの郷)等の演奏活動のほかに、かながわ音楽コンクールユースピアノ部門審査員をつとめる。井口秋子、石沢秀子、熊谷玲子、小出真弓、横井和子、M.ムンツ、J.ペリーの諸氏に師事。

指導方針

まず、基礎を大切に。それが音楽表現の土台となるという意識を持たせるようにする。また音楽は人が成長するにつれて、深みを増すものであるから、一生かかって勉強していくことが大切であると教えている。