教員・指導陣紹介

新居 由佳梨 Yukari Arai

ピアノ

現在の活動

スタインウェイ・ジャパン(株)による「Young Virtuoso Series」のアーティストとして全国各地でソロリサイタル活動をしている他、伴奏・室内楽も積極的に行っている。東京芸術大学弦楽器科伴奏助手。

略歴

東京芸術大学音楽学部器楽科、及び同大学大学院修士課程音楽研究科を経て、スイス国立ジュネーヴ音楽院を修了、ソリストディプロム取得。
第11回摂津音楽祭コンクール金賞、第10回宝塚ベガ音楽コンクール第2位、第69回日本音楽コンクール入選、第7回イタリア・モノポリ国際ピアノコンクール第3位、併せてアジア人最高位賞受賞。オーケストラとの共演の他、フランス・パリでのショパン・フェスティヴァル、コニャック地方でのサントーンジュ・ピアノフェスティヴァル、スイス・ジュネーヴ芸術協会による木曜リサイタルシリーズなどに出演。2006年にスタインウェイレーベルよりリリースしたデビューCD「メランコリー」は、毎日新聞紙上の“今月の3枚”に選ばれている。同年、旧東京音楽学校奏楽堂「デビューコンサート・シリーズ」に、2007年、シャネル(株)による「ピグマリオンデイズシリーズ」に定期的に出演。また、国内外の多数のコンクール及び講習会での公式伴奏を務めており、2007年第76回日本音楽コンクールにおいて、ヴァイオリン部門のピアノーパートナーとしてコンクール委員会特別賞受賞。

指導方針

限りない未来がある学生と関わる以上、今までに自身が経験したことを基に、慎重、且つ丁寧に少しでもサポートができる事を望んでいます。
演奏・音楽を通して、何事にも自発的に豊かな発想力を持って歩んでいけるような指導の場としていきたいと考えています。