教員・指導陣紹介

皆神 陽太 Yota Minakami

[管楽器]ファゴット

現在の活動

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席ファゴット奏者
ぱんだウインドオーケストラ副コンサートマスター
反田恭平率いるMLMナショナル管弦楽団ファゴット奏者
長野県小諸高等学校音楽科ファゴット専任講師として後進の指導にあたる。

略歴

茨城県ひたちなか市生まれ。東京藝術大学音楽学部器楽科ファゴット専攻を卒業。
卒業に際し東京藝術大学同声会賞と茨城県新人賞を受賞。
第13回東京音楽コンクール木管部門入選。本選会にて、A.ジョリヴェ作曲/コンチェルトを新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。
第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門入選。
2017年より宮崎国際音楽祭に参加。
ファゴットを岡崎耕治氏、吉田將氏に師事。

指導方針

ファゴットを通して自己と向き合うことの難しさや素晴らしさを生徒と共有し、研鑽を経てこそアンサンブルがもたらす人と人とのつながりが強まることやその感動を伝えたい。