教員・指導陣紹介

村田 陽一 Yoichi Murata

[ジャズ]JZトロンボーン

現在の活動

大編成アンサンブルのソロプロジェクト「村田陽一SOLID BRASS」「村田陽一ORCHESTRA」からトリオ編成にわたる様々なフォーマットでソロ活動を行っている。

略歴

1963年7月25日静岡県静岡市生まれ。12歳でトロンボーンを始め、大学生でジャズに傾倒。在学中よりプロ活動を開始。’91年に、ファーストソロアルバムをリリース。その後のソロアルバムではデヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカー、ランディブレッカー、ボブミンツァー、マーカスミラーらがゲストとして参加。海外遠征もモントルージャズフェスティバル出演をはじめ多数。編曲家としての主なものとして’96年から3年間「渡辺貞夫ビッグ・バンド」の音楽監督とコンサート・マスター、編曲を兼務。’04年吉田美奈子withブラスアートアンサンブルのレコーディング、コンサートで、’05年愛知万博、布袋寅泰with日本フィルハーモニーオーケストラのコンサートにおいてそれぞれ編曲、指揮を担当。’06年以降数年間、FNS歌謡祭のアレンジを担当。’09年にはエヴァンゲリオンの吹奏楽版の編曲を担当した。

通算17枚目となるソロアルバム最新作「Janeiro」はイヴァンリンスとのコラボレーションで’10年にブラジルで制作された。

オフィシャルブログ:
http://y-murata.seesaa.net/

指導方針

ステレオタイプではなく個々に応じたカスタマイズのプランをもとにした基礎力の向上と発想力、応用力の強化。