教員・指導陣紹介

加曽利 康之 Yasuyuki Kasori

電子オルガン

現在の活動

国内外での演奏活動。作曲。CDリリース及び配信。プロデュース・音楽監督。全国各地での公開講座、クリニック、レッスン。楽譜集出版及び雑誌連載。

略歴

1980年インターナショナルエレクトーンフェスティバル グランプリ受賞。青山学院経済学部在学中から音楽活動を始める。2,000回に迫る勢いの国内外でのコンサート活動に加え、NHK「ニュースワイド」テーマを始めとする数々の音楽制作にも携わる。近年では全国各地の校歌も手掛けるなど、特にメロディーメーカーとしての信頼と評価は絶大である。さらには世界フィギュアスケート選手権、ワールドゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場、亜門版「ファンタスティックス」を始めとするミュージカル公演での演奏及び音楽監督など、その活動は電子オルガン界の枠を超え多彩を極める。1985 年にはエレクトーンによるオペラ伴奏の先駆けとなる「蝶々夫人」の全幕演奏を敢行。CDリリースの他、iTunes storeでの配信も行っている。

指導方針

電子オルガン奏者の「アドバンテージ」とは何かを追求すると同時に、様々な感性、感覚を引き出し研ぎすますことに重きを置く。