教員・指導陣紹介

福島 康晴 Yasuharu Fukushima

指揮

現在の活動

テノールとしてバロック音楽を中心にソロ・アンサンブルで活動をしながら、当時の理論書からひもとく音楽理論セミナーを多数実施。また合唱、オーケストラ、邦楽などの指揮や、テレビの音楽、校歌の作曲やオーケストラのアレンジなども行っている。

略歴

東京音楽大学大学院作曲科修了。
大学院修了後バロック音楽に傾倒し、声楽を牧野正人氏に師事する。2006年よりイタリア・ミラノ市立音楽院古楽科にてルネッサンス・ポリフォニーをD.フラテッリ氏の下で学ぶ。これまでに声楽をB・M.カゾーニ、V.マンノの各氏に師事。2009年にミケランジェロ・グランチーニ(1605-60)の論文とコンサートにより、最高点・褒賞付きで卒業する。その後、自らアンサンブル・グランチーニを結成し、イタリア公共放送ラジオ〈Rai 3〉にて生演奏を行う。これまでにイタリアで多くのバロックアンサンブルと共演する他、バロックオペラの出演も多い。2012年に帰国し、国内の主要な古楽団体との共演する一方で、自らエクス・ノーヴォ室内合唱団を組織し指揮活動も精力的に行っている。2014年2月にALM Recordsより発売されたA.ステッファーニ《2声のための室内カンタータ集〈レコード芸術特選盤〉》ではテノールとして参加した他、楽譜の校訂にも携わり、その楽譜はミラノのPian & Forte edizioni社より出版された。


エクス・ノーヴォ室内合唱団公式ホームページ:
http://exnovochamberchoir.com

指導方針

理論に裏打ちされながらも、常に生き生きとした音楽を目指す。