教員・指導陣紹介

時任 康文 Yasufumi Tokitou

声楽
指揮

現在の活動

オペラを中心に、オーケストラや吹奏楽、ミュージカルなどあらゆるジャンルに対応し指揮活動を行っている。
洗足学園音楽大学講師、武蔵野音楽大学講師、二期会オペラ研修所講師。

略歴

武蔵野音楽大学器楽科卒業後、東京音楽大学指揮科に学ぶ。
指揮法を紙谷一衞、汐澤安彦両氏に師事。在学中より二期会、日生劇場を中心にオペラの音楽スタッフや合唱指揮者として参加。小澤征爾氏、若杉弘氏、秋山和慶氏等のアシスタントを務めた。1990年、カールマンのオペレッタ「チャールダッシュの女王」を指揮してデビュー。その後、数々のオペラ団体を指揮しオペラの主要作品を指揮した。演奏会では東京交響楽団を中心に、東京フィル、日本フィル、新日フィル、神奈川フィル、名古屋フィル、東京佼成ウインドオーケストラ、大阪市音楽団等を指揮し好評を博す。
1996年度文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアに留学。ネッロ・サンティ氏に師事。チューリッヒ歌劇場、ヴェローナ歌劇場、メトロポリタン歌劇場、サンフランシスコ歌劇場等に於いて彼のアシスタントとして研鑽を積んだ。

指導方針

オペラの面白さ、難しさを指揮者という立場から、楽譜やディクションを通して導き出し、指導していく。