教員・指導陣紹介

ウラディーミル・アシュケナージ Vladimir Davidovich Ashkenazy

指揮

略歴

1955年ショパン・コンクールにて、世界にその名を知らしめて以来、ウラディーミル・アシュケナージは、ピアニストとして傑出したキャリアを誇るだけでなく、アーティストとして多彩な活動を積極的に展開し、世界の音楽愛好家に感動を与え続けている。
2009年1月よりシドニー交響楽団の首席指揮者、音楽アドバイザーに就任。また、桂冠指揮者を務めるフィルハーモ二ア管弦楽団、NHK交響楽団、アイスランド交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団等、定期的に演奏活動を行っている。EU ユース・オーケストラの音楽監督。

指導方針

"I would like to send my best greetings to all at Senzoku Gakuen. I am delighted to be associated with this fine  institution and wish all the students and teachers a good year of study and musicmaking."
洗足学園に携わるすべての皆様へ 私はこの素晴らしい大学と親交があることをとても嬉しく思っています。  今年度も学生や教員と共に学び、音楽を創造することを楽しみにしています。