教員・指導陣紹介

川本 統脩 Tsunanobu Kawamoto

指揮

現在の活動

「クラシック音楽が聴衆により身近な存在」となるよう、指揮者として音楽会やイベント等に多数出演。
一方、国内外のコンクールの審査や講習会の依頼も多く、特に指揮法「斎藤メソード」の指導には定評がある。
音楽大学に於いても指揮法の教授とオーケストラや吹奏楽など合奏の指導を中心に行っている。

略歴

桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科の音楽学専攻で入学し、途中指揮専攻に転科し同科を卒業。第一回「アルトゥーロ・トスカニーニ」国際指揮者コンクールのセミファイナリストに選ばれ、イタリア各地で演奏会を行い、プロの指揮者のための特別コースを修了する。
天皇陛下御在位10周年記念式典や万博「愛・地球博」の閉会式を指揮するなど、オーケストラを使ったイベントに多数出演している。
近年は外国のオーケストラの指揮やバーバラ・ヘンドリクスなど、著名なソリストとの共演も多い。

指導方針

音楽を表現するためのテクニックを分かり易く解説し、順序よく効果的に履修させることをモットーとし、根気よく永い目で成長を見守る。