教員・指導陣紹介

川田 知子 Tomoko Kawada

[弦楽器]ヴァイオリン

現在の活動

ソリストとして国内外のオーケストラと共演する一方、リサイタルや室内楽の分野でも活躍し、学校公演などのアウトリーチにも積極的に参加している。ジャパン・チェンバー・オーケストラ、アンサンブル∞(Mugen)のメンバー。

略歴

東京芸術大学を首席で卒業。第35回パガニーニ国際コンクール入賞。第5回シュポア国際コンクールにて優勝。NHK交響楽団、モスクワフィルハーモニー交響楽団、南西ドイツ放送交響楽団、サンクトペテルブルグ交響楽団など国内外のオーケストラと共演している。2002年、デビュー10周年を迎え、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を行い、高い評価を得た。03年、国際交流基金日本文化紹介派遣事業でトルコおよびエジプトでリサイタルを行う。同年第33回エクソンモービル音楽賞、洋楽部門奨励賞を受賞。室内楽の分野でも力を入れ、宮崎国際音楽祭には毎年参加している。マイスター・ミュージックより「シャコンヌ」など3枚のCDをリリースしている。

指導方針

音楽の楽しみを何より大切にし、感性を磨いて人間的にも成長するために、いろいろな角度から音楽を分析しつつ、深い理解とともに表現をしていく術を生徒と一緒に考えながら指導していきたい。