教員・指導陣紹介

茨木 智博 Tomohiro Ibaraki

[ワールドミュージック]オカリナ

現在の活動

オカリナ奏者、トランペット奏者としてジャンルを問わずコンサート活動・レコーディング等を行っている。
また、各地でのレッスン、講習会の開催など後進の指導にもあたっている。
コンサートはオカリナのソロからアンサンブル、また他楽器との共演など様々な形で行っている。

略歴

横浜市出身。

東京音楽大学器楽専攻(トランペット)卒業。

在学中、オーディション合格者によるソロ演奏会に出演。

日本クラシック音楽コンクールトランペット部門第2位。

大学在学中よりオカリナ奏者としても活動をはじめ、まだ未開拓な楽器であるオカリナによる音楽の芸術性を高め、新たな世界観を広げていく演奏家として注目を集める。

毎年全国各地のツアー等を開催し、生の演奏を全国へ届けている。

2017年までに9枚のCDをリリース、また「オカリナトレーニングブック」等の教材も出版し、いずれも好評を博す。

2013年CD「Ocarina Songs」にてメジャーデビュー。

指導方針

オカリナは一つの“楽器”であり、どんなジャンルの音楽においてもその魅力を発揮することができるものとして、総合的な力を持ったアーティストを育てる。


既存のイメージにとらわれない自由な発想で音楽を表現していく力を付けると共に、それを裏付ける土台をしっかりと組み立てて行く。