教員・指導陣紹介

石田 多紀乃 Takino Ishida

ピアノ

現在の活動

1994年より毎年東京で行っている自主企画のソロ・リサイタルのほか、ライヴノーツ・レーベルよりCDをリリース、また、室内楽、伴奏での活動も多く、オーケストラとの協演など多岐にわたって活躍している。

略歴

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、及び同大学を経て、1992年同大学大学院修士課程修了。これまでにピアノを故井上直幸、高良芳枝、故E.P.=アクセンフェルト、T.パラスキヴェスコ、A.イェンナーの各氏に、室内楽を金昌国、岡山潔、菅沼準二の各氏に師事。1997年より2000年まで東京芸術大学音楽学部の弦楽科伴奏助手を勤める。
http://takinoishida.com

指導方針

クラシック音楽の素晴らしさと奥深さを伝えてゆきたいと思っております。専攻の学生さんには、私自身演奏活動より学んだ事を通じての実践的なレッスンを、副科の学生さんには、たくさんの音やハーモニーを体感して専攻楽器での音楽創りにも役立てられるようなレッスンを目指しています。「音楽を通じての心の表現」、これが一番の願いです。