教員・指導陣紹介

森 威功 Takeyoshi Mori

[音楽・音響デザイン]作・編曲

現在の活動

マルチ・チャンネルの音響作品やライブエレクトロニクス作品、Visual Musicなど様々なタイプの電子音響音楽作品を制作し国内外で演奏されている。近年は所属学会が主催するコンサートや「台湾ソニック・アーツ・フェスティバル2015」「アジアコンピュータ音楽プロジェクト」のプロデュース、そして東アジア地域における大学間交流コンサートや国際コンクールの審査員、講習会の開催など海外での教育活動にも力を入れている。2016年より国際コンピュータ音楽連盟(ICMA)アジア・オセアニア地区のディレクター(理事)に就任。日本電子音楽協会副会長、先端芸術音楽創作学会運営委員。

略歴

洗足学園音楽大学シンセサイザー専攻卒業。ニューヨーク大学大学院ミュージックテクノロジーコース修士課程修了。 作曲をロバート・ロウ、ジョエル・チャダベ、サウンドプログラミングをリチャード・ブーランジェ、ニック・ディドコフスキーに師事。作品はMusica Viva 2007(ポルトガル)、ICMC国際コンピュータ音楽会議 2008(北アイルランド)、同2011(スロベニア)、ニューヨーク電子音響音楽フェスティバル2009(アメリカ)、101 Tokyo(アイスランド)、アジアコンピュータ音楽プロジェクト 2010(韓国)、同2011、同2016(東京)、北京国際電子音響音楽祭2017に入選している。現在、東京藝術大学大学院、桜美林大学非常勤講師。

指導方針

音楽とテクノロジーの基礎を理解した上で、それらを有機的に結びつけて作品を制作できるよう指導していきます。

研究実績

種別 名称(著書、論文、演奏活動等) 単/共 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
講演 講演テーマ:Introduction of My Compositional Techniques and Educational Activities 2017年10月 漢陽大学音楽学部棟1F(韓国) Asia Computer Music Project 2017で自作品の制作手法と教育活動についての講演を行った。
審査員 北京国際電子音響音楽祭コンクール(マルチメディア作品部門)審査員 2017年10月 中央音楽学院(中国) 国際的な電子音響音楽祭で審査員を担当した。
その他 Asia Computer Music Project 2018 2018年9月 シラパコーン大学音楽学部(タイ、バンコク市) 国際的なコンピュータ音楽イベントをプロデュースした。
作品発表 作曲: Misty Graffiti for visual music 2018年8月 国際コンピュータ会議2018 韓国大会
会場:大邸アートファクトリー
ICMC2018(国際コンピュータ会議2018)の音楽作品部門に入選し作品を発表した。
作品発表 作曲: 五彩の園 2015年2月 KASDOドリームランドホール(台湾台南市) 自身がプロデューサーを務めた台湾ソニックアーツフェスティバル2015で、マルチチャンネルのVisual Musicを演奏、発表した。