教員・指導陣紹介

久世 武志 Takeshi Kuse

指揮

現在の活動

オペラ、オーケストラの指揮

略歴

大阪生まれ。洗足学園音楽大学附属指揮研究所マスターコースを修了。指揮を秋山和慶、河地良智、川本統脩、室内楽及びオーケストラ・スタディを中川良平の各氏に師事。

これまで各地のオペラ・カンパニーにて多くのオペラを指揮。また数多くの公演において音楽スタッフを務めている。

2011年フランス・アングレーム市で開催された「コミクストゥス国際室内楽フェスティヴァルに招待され、音楽祭室内アンサンブルを指揮し、シェーンベルク、ミヨー、R・シュトラウスの作品を演奏し好評を博す。再び翌年も招待を受け、トゥール歌劇場との共催公演にてメゾ・ソプラノのニコラ・ブーシェ、俳優のマルク・ルグラと共演。さらにフォーレ音楽院の教授と学生からなるオルケストル・エクトル・ベルリオーズにも客演し、全ての公演を成功に導き新聞各紙で好評を得た。

2016年にはイタリア・トスカーナ州の音楽祭への客演が予定されている。

指導方針

一つ一つ関わる作品を確実にモノにできるよう皆で取り組んでいく。

真面目であるのは大事だが、深刻にならぬよう明るく活気ある授業を心がけたい。