教員・指導陣紹介

金井 隆子 Takako Kanai

声楽

現在の活動

フランツ・シューベルト・ソサエティ運営委員。各地でソロリサイタル、第9のソロ等。シューベルトコア(合唱団)主宰。サントリー大ホール、東京オペラシティ、タケミツメモリアルホール等で演奏している。

略歴

洗足学園音楽大学声楽科卒業。
第21回コンセール・アミ国際オーディション入賞後、ウィーン国立音楽大学歌曲・オラトリオ科に留学。ハンス・ホッタークラスに合格し、ザンクト・ペルテン市にてリサイタルを行ったり、合唱団のソロとして、デンマーク演奏旅行をする。同時にウィーン、コンセルバトリウムオペラ科に入学し、ウィーン郊外の様々な都市にて、「後宮よりの逃走」(コンスタンツェ)、「道化師」(ネッダ)、「トゥーランドット」(トゥーランドット)、「ホフマン物語」(アントニア)を演じる。1984年ウィーン国立音楽大学を首席で卒業後、渡米。ボリス・ゴルドフスキーオペラクラス合格。ボストン市ニューイングランドコンセルバトリーの奨学金を得て、「椿姫」(ヴィオレッタ)、「魔笛」(パミーナ)、「ラ・ボエーム」(ミミ)を演じる。1985年ボストンガードナーミュージアムにてリサイタルを行う。
帰国後、洗足学園音楽大学にて後進の指導に当たる傍ら、エリー・アメリング、オリヴェラ・ミリャコヴィチ、ロートラウド・ハンスマンなどの著名な声楽家の公開レッスンを主催したり、ベートーヴェン第九交響曲のソロや、FSS主催の演奏会、様々な企業、ドイツ大使館での演奏会で歌っている。ウィーン・プラハでも度々演奏会を行い、2011年には、ウィーンコンツェルトハウスにてブラチスラヴァ歌劇場オーケストラと協演。ウィーンではカールス教会、ボストンでは郊外ドルチェスターの教会、日本国内では霊南坂教会、鷺沼教会、青山学院の教会、苫小牧弥生教会等で度々歌っている。
現在、洗足学園音楽大学講師。フランツ・シューベルトソサエティ運営委員、横浜音楽文化協会会員。飯田益巳、築地文夫、原田とみ子、江口元子、R.ショルム、K.エクビルッツ、R.ハンスマン、W.クメント、H.ホッター、D.ボールドウィン、エリー・アメリング、大島貞次、片野坂栄子の

指導方針

より具体的な発声・技術指導。作曲家・時代に合った音楽表現、深い楽譜の読み方。声質に合った曲目レパートリー。ステージへの高め方。