教員・指導陣紹介

岩崎 孝昭 Takaaki Iwazaki

電子オルガン

現在の活動

演奏活動。楽譜の制作。

略歴

国立音楽大学応用演奏学科卒業。2000年に開催された「第12回全日本電子楽器教育研究会電子オルガン新人演奏会」に大学代表として出演。国立音楽大学卒業演奏会に出演し、矢田部賞受賞。インターナショナルエレクトーンコンクール2003(B部門/クラシック系音楽対象)で第1位を受賞。2007年、日本外国特派員協会にて、ピアニストの今井顕氏と共演、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73《皇帝》のオーケストラパートを担当。2006〜2008年、全日本電子楽器教育研究会主催「EMIES Concert」に出演し、神本真理、寺島尚彦、有馬礼子、各氏の作品を再演。

指導方針

それぞれの学生の個性を尊重しつつ、電子オルガンを演奏する上で必要な技術、知識の向上を目指す。