教員・指導陣紹介

齋藤 峻 Shun Saito

[音楽・音響デザイン]録音

現在の活動

コンサートホールにおける演奏会、または CD のレコーディング、多チャンネルによる展示作品の制作などを行っている。また、東京藝術大学 大学院にて、専門研究員として楽器とマイクロフォンの関係性について研究している。

略歴

音楽専門学校を卒業したのちスタジオ勤務。その後、東京藝術大学 音楽環境創造科へ入学。カナダ カルガリーにある Banff Centre での Audio Engineer Work Study に参加し、クラシック音楽をはじめ多ジャンルのコンサート、 CD 、ラジオ放送のレコーディングを行う。帰国後、東京藝術大学 大学院 音楽音響創造研究分野において修士、博士号を取得。大学院での研究テーマは邦楽器の『箏(こと)』。

指導方針

音は『見えない』ということが魅力のひとつです。聴取者へ届けるために、どうやって音を表現するかは無限大の可能性があります。学生の皆さんがその可能性を大きく培い、作品に反映できるようにお手伝いができれば良いなと思っています。一緒に頑張りましょう!!