教員・指導陣紹介

太田 小百合 Sayuri Ota

[ミュージカル]ヴォーカル

現在の活動

オペラ、コンサート出演、コーラスや声楽指導、二期会会員、日本声楽アカデミー会員。

略歴

洗足学園音楽大学卒業。卒業時「優秀賞」受賞。同大学付属オペラ研究所修了。同大学大学院卒業。二期会オペラスタジオマスタークラス修了。これまでにオペラでは、ペルゴレージ作曲「奥様女中」セルピーナ、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」コンテッサ、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナアンナ、「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「魔的」パミーナ、フンパーティング作曲「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル、プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」ミミ等を演じている。また新国立劇場において、プッチーニ作曲「修道女アンジェリカ」の看護修道女を務めた。宗教曲においても、ヴォーン・ウィリアムズ作曲《Dona nobis pacem》やフルトヴェングラー作曲《テ・デウム》(日本初演)のソプラノソロ、洗足学園音楽大学においても、ベートーベン作曲「第九」ソプラノソロを務めた(指揮:青島広志)イタリアペーザロ国際音楽コンクール第2位。二期会会員。日本声楽アカデミー会員。日本声楽家協会「歌の楽しみ」講師。女声コーラス「コールくすの木」「Turtle」指導者。

指導方針

歌唱技術の向上と「良い声」に対する追求を、楽しみながらレッスンで実践し、取り組んで参ります。それぞれの個性を伸ばし、魅力溢れる歌手の育成に力を注ぎたいです!