教員・指導陣紹介

和田 さやか Sayaka Wada

ピアノ

現在の活動

国内外でのソロ、室内楽の演奏活動の傍ら、公開講座、マスタークラスでの通訳および公式伴奏、Muzsikalice、Amadé において、ピアノ演奏、ソルフェージュ指導。

略歴

洗足学園音楽大学卒業、同専攻科修了、ハンガリー国立リスト音楽院ディプロマコース修了。ハンガリー国家演奏家資格最高位、及び国家教員資格(EU圏内)、ディプロマ、M.A取得。
第9回神奈川音楽コンクールシニア部門にて第2位、第3回リスト・バルトーク国際コンクールにて特別賞受賞により、イタリア・ローマにてリサイタルなどをはじめ、国内外のコンクールに入選。天皇皇后両陛下ハンガリーご来訪の際、御前演奏。1999-2001年 ハンガリー政府給費留学生。公開講座、チャリティーコンサート、ヨーロッパにおいて音楽祭に出演、来日したハンガリー国立リスト音楽院管弦楽団と共演、ハンガリー国営ラジオにて演奏するなど、国内外でソロ、室内楽の両分野にて、活動中。Muzsikalice主宰。Amadé講師。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本演奏連盟会員、日本ソルフェージュ協会正会員。ピアノを、片山澄子、笹部陽子、ヴァレリア・セルヴァンスキー、ジュラ・キシュ、マックス・エッガー、村上明美、イェヌー・ヤンドー、室内楽を、バルトーク弦楽四重奏団の、ゲーザ・ネーメトの各氏に師事。

http://www.sayakawada.com

指導方針

音楽が、人生のその時々で形や距離を変えつつも、常にその人の人生を充実させる為の、必要不可欠な存在であって欲しい、と思っています。その為にも、個々の求めるものや、個性に応じて、色々な角度から考え、学び、その人が一番輝ける「音楽」を、主科や副科という垣根を越えて、共に模索して、楽しんでいけたら幸せです。