教員・指導陣紹介

一政 五月 Satsuki Ichimasa

声楽

現在の活動

プロの声楽家を目指す若者たちに声楽の指導・演技の指導・コンサートの企画等をする。コンサートの企画から演出まで独自で行ない全国各地で公演。品川介護福祉専門学校非常勤講師、障害児のための“夢はるか音楽教室”代表。川崎市民オペラ会員及び附属合唱団指導。二期会会員。コーラス「さざんか」「虹」等数多くの合唱団を指導。

略歴

洗足学園音楽大学声楽科卒業、及び同大学専攻科修了。その後同大学附属オペラ研究所及び二期会オペラスタジオ修了。日生劇場オペラ“セヴィリヤの理髪師”のベルタ役でデビュー。オペラやコンサートで国内外をまわる。平成2年度文化庁芸術祭賞を受賞したミュージカル・オペラ“うたよみざる”では主役を演じ絶賛される。2000年秋米国コネチカット州ブリッジポート大学に招かれリサイタルを開催し好評を博す。

指導方針

個性を大切にしのびのびと自主性のあるレッスンを心掛けています。日本の学生に多い「棚からボタモチ」式では本当の勉強とは言えません。また、舞台人としての心構えやマナーなども定期的に行っている勉強会を通じて、体感してほしいと願っています。「100回のレッスンより1回の本番!」で身につく事の方があるのではないでしょうか。学生の皆さんと私とで競争し勉強しあえるような関係でありたいです。