教員・指導陣紹介

諸井 サチヨ Sachiyo Moroi

声楽

現在の活動

オペラ出演やコンサート活動。

略歴

福岡県出身。武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。新国立劇場オペラ研修所第2期修了。中真有美、菅原啓、G.トゥッチ、J.ロイブル、W.ベリーの諸氏に師事。武蔵野音楽大学卒業演奏会、新人演奏会、同窓会福岡県支部新人演奏会、大学院修了生による研究演奏会に出演。また、同大学オペラ公演「フィガロの結婚」に伯爵夫人役で出演。平成9年度ドイツリートコンクール入選。東京文化会館新進音楽家デビューコンサート・オーディションに合格。第10回日本声楽コンクール入選。新国立劇場オペラ研修所公演では、「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」「中国人の偶像〜リードロ・チネーゼ〜」「魔笛」に出演。2002年、島根県でソロ・リサイタルを開催。同年10月より文化庁芸術家在外研修員としてニューヨークに留学。ケネス・メリル、マレーナ・マラスの諸氏に師事。帰国後、「イタリアのモーツァルト」にアスパージア、ジューニア役として新国立劇場オペラ公演デビュー。その後「友人フリッツ」、こどもオペラ「ジークフリートの冒険」「エレクトラ」「魔笛」「フラ・ディアボロ」に出演。二期会会員。

指導方針

呼吸法を重点的に学んでいく。自分の声にあった無理のないレパートリーを追求していく。言葉の意味や音楽を十分理解し、表現力豊かな歌心のある歌い手を目指していく。