教員・指導陣紹介

岡田 龍之介 Ryunosuke Okada

チェンバロ
[ワールドミュージック]チェンバロ

現在の活動

チェンバロ奏者として種々のアンサンブル活動に従事。日本各地で演奏会を行う。内外のバロック奏者との共演を中心に、講習会、各種執筆活動等を通じて後進の育成、バロック音楽の普及にもつとめる。

略歴

慶応義塾大学経済学部、東京芸術大学卒業。同大学院修了。音楽学を角倉一朗、チェンバロを有田千代子の各氏に師事。第13回甲府古楽コンクール審査員。NHK-FM出演、数度にわたる韓国公演を経験。札幌古楽の夏音楽祭(〜2000)講師。都留音楽祭講師。ソロCD「銀色の響き」(レコード芸術誌準特選)をはじめこれまでに6枚のCDをリリース。東京芸術大学同声会理事。

指導方針

バロック音楽の特徴、当時の演奏習慣、ピアノとの差異などをふまえて、チェンバロ独自の音色、響きの魅力を知ってもらい、当時の音楽を過去の資料としてではなく、生き生きと現代に再現する対象として、その音及び表現の可能性を探求したい。