教員・指導陣紹介

押川 涼子 Ryouko Oshikawa

ピアノ

現在の活動

ソロ、室内楽、歌曲伴奏の分野で、また、上大岡混声合唱団常任ピアニストとして合唱伴奏でも活動中。2004年3月には、よこはまみなとみらい小ホールにて、ジョイントリサイタルを開催。2007年3月に同ホールにてソロリサイタルを開催。

略歴

第32回全日本学生音楽コンクール中学校の部東日本大会第3位入賞。東京芸術大学附属音楽高校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院修了。ウィーン国立音楽大学卒業。芸大卒業新人演奏会(同声会主催)、神奈川県立音楽堂特別推薦音楽会、ウィーン楽友協会ブラームスホールにおける室内楽演奏会(日本大使館主催)等に出演。芸大オーケストラ、神奈川フィル等と協演。ウィーン、東京、横浜にてソロリサイタルを開催。中山靖子、高良芳枝、伊達純、アレキサンダー・イェンナー、ユルゲン・ウーデの各氏に師事。

指導方針

ピアノ実習の指導の際はもちろん、歌曲伴奏法の講座などでも、「実際に弾いて教える」事をモットーとしています。「テクニックと音楽的な表現は、常に密接なつながりを持つ」、「自然体で演奏する」事などを柱に考えています。そして、「このフレーズには、どのような奏法、タッチが必要か?」という事を実際に示しながら、学生達の身につくまで、根気強く指導していきます。