教員・指導陣紹介

佐々木 亮 Ryo Sasaki

[弦楽器]ヴィオラ

略歴

東京芸術大学附属音楽高等学校を経て東京芸術大学卒業。
在学中、安宅賞受賞。芸大オーケストラと共演。
1991年、現音室内楽コンクール第1位、「朝日現音賞」受賞。
1992年、東京国際室内楽コンクール(民音)第2位、「ルフトハンザ賞」受賞。
1992年秋より、ニューヨーク、ジュリアード音楽院入学。
アスペン音楽祭、マルボロ音楽祭に参加。マルボロ音楽祭ではMusicians from Marlboro Tour のメンバーに3年連続で選ばれ全米各地にて演奏した他、2000年のマルボロ音楽祭50周年記念コンサートに出演。
在米中リンカーンセンターでリサイタルの他ソロ、室内楽奏者として全米各地にて活動、内田光子、ヒラリー・ハーン、ナージャ・サレルノ・ソネンバーグ、リン・ハレル、デイヴィッド・ソイヤー等と共演し、好評を博した。また弦楽アンサンブルSejong Soloists, ヴィヴァルディ・ヴィルトゥオージのメンバーとしてカーネギー・ホールなど各地の主要ホールで演奏した。
CDはEMI/Angelよりチャイコフスキー弦楽六重奏、ブラームス弦楽6重奏をリリース。
これまでに掛谷洋三、沢和樹、田中千香士、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫の各氏に師事、また室内楽をジェイコブ・ラタイナー、フェリックス・ガリミアの各氏に師事。
2003年帰国。2004年NHK交響楽団入団。2008年より首席奏者。
2008年から2014年まで岡山潔弦楽四重奏団メンバー。
東京クライス アンサンブルなど室内楽奏者としても幅広く活動している。
2016年9月にはRCA/Sonyよりパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団、チェリスト トゥルルス・モルクとの共演によるR.シュトラウスの『ドン・キホーテ』がリリースされた。
また演奏活動の傍ら桐朋学園大学、洗足学園音楽大学にて後進の指導にも当たっている。

指導方針

基礎から復習する一方で音楽の楽しさを伝えたい。