教員・指導陣紹介

山中 信人 Nobuto Yamanaka

[現代邦楽]津軽三味線

現在の活動

津軽三味線の伝統である津軽民謡の唄付けを重視するソロ奏者として、
演奏会、学校公演、講演会、レコーディング、テレビ出演、講演、慰問などで活動中。

略歴

中学卒業後15歳より津軽三味線奏者「山田千里(やまだちさと)」の内弟子として4年間修業。津軽三味線世界大会ではA級個人戦3連覇を達成し殿堂入り。また津軽民謡の伝統的な唄付けの技術を競い合う「唄付け伴奏部門」で3回の優勝を獲得。海外計38の国と地域で演奏。平成29年度埼玉グローバル賞を受賞。平成30年度北本市文化奨励賞を受賞。津軽三味線山田千里流師範。洗足音大非常勤講師。加須市観光大使。埼玉親善大使。

指導方針

構え方、バチづけなど基本を身に付けた上で、一人一人が自分らしい津軽三味線に向かって励めるよう導いていきたい。津軽三味線特有の激しい手の動きだけでなく、常に音色を意識し、思いを込められる演奏を目指して欲しい。