教員・指導陣紹介

滝澤 尚哉 Naoya Takizawa

指揮

現在の活動

吹奏楽の指揮、指導。吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテストなどの審査。海外のアーティストの招聘、コーディネート、通訳等。

略歴

武蔵野音楽大学卒業後、渡米し、カンザス州カンザス大学大学院に入学、吹奏楽指揮法を専攻し、指揮法、編曲法、吹奏楽史をジェームズ・バーンズ、ロバート・フォスター、トーマス・スティダムの各氏に師事。同大学バンド、バーンズのアシスタントとして副指揮者を務めた後、ディレクターに指名され、同大学バンドの指導を行った。在学中、フレデリック・フェネル、ジョーン・ブージョア(第25代米国海兵隊軍楽隊隊長)から指揮法の薫陶を受け、デイビット・ホルジンガー、フランシス・マクベスなどアメリカを代表する作曲家などと多数、共演した。2000年12月、日本人として初の同専攻のマスターを取得、同卒業。現在、吹奏楽指導者として日本のみならず、アメリカ、シンガポールなど各国にて客演指揮者、指導者、審査員として活動する傍ら、米国吹奏楽史の研究、執筆、作曲家との交流も積極的に行っている。

指導方針

自分の考えをしっかり持って演奏できるように指導していきたい。