教員・指導陣紹介

小畑 奈美子 Namiko Obata

[ミュージカル]バレエ

現在の活動

谷桃子バレエ団団員
日本バレエ協会正会員
谷桃子バレエ団研究所教師、ユキクラシックバレエ、細野美江子バレエスタジオ、上尾原市シダックスカルチャーにて講師を務める。

略歴

5才より「アーバイン・ダンスアカデミー」(オレンジカウンティー、CA、USA)においてバレエを始める。
帰国後茨城県守谷市に居住し、細野美江子バレエスタジオ転所、10才より久光孝生に師事。
日本大学芸術学部演劇学科入学を機に「谷桃子バレエ団研究所」に入所。同大学卒業後「谷桃子バレエ団団員」となる。
以後谷桃子バレエ団主催すべての公演に参加。
「白鳥の湖」四羽の白鳥、チャルダッシュソリスト、「シンデレラ」オレンジ、「リゼット」リゼットの友人、「ジゼル」パドシス、「くるみ割り人形」ロシア菓子の踊りなどを踊る。
また創作舞踏などにも多数出演し、「韃靼人の踊り」(NHK放映)、映画「昴」にダンサーとして参加。
他にも横井茂監修オペレッタ公演や日本バレエ協会主催公演に出演。
現役ダンサーとして踊るかたわら、谷桃子バレエ団研究所夏期臨時の補助講師も経験。平成25年より谷桃子バレエ団研究所Jr.中級クラスの教師となる。他数々のバレエ教室にて講師を務める。

指導方針

クラシックバレエは全てのダンスの基礎となるものです。
バレエの稽古を通してあらゆる分野における舞台表現に役立つ基礎を身につけることを目標とし、舞台での優雅な身のこなしや、優美な体型作りを目指します。
また、現役ダンサーとしての経験や自らの大学での経験を生かし、舞台で表現することの楽しさや、仲間と力を合わせて一つの舞台を創りあげていくことの素晴らしさを学生の皆さんに伝えていきたいと思っています。