教員・指導陣紹介

日比野 幸 Miyuki Hibino

声楽

現在の活動

二期会会員、二期会公演オペラ、その他のオペラ団体公演、コンサートに出演。

略歴

洗足学園音楽大学卒業、同大学附属オペラ研究所第6期修了。二期会オペラ研修所プロフェッショナルコース第5期修了。第40回日伊声楽コンコルソ第3位。またイタリアにて第5回TITO GOBBI国際声楽コンクールにおいては審査員の世界的ソプラノ、ミレッラ・フレーニ女史、故マルチェロ・ヴィオッティ氏に高い音楽性を絶賛され最高位を受賞するなど目覚しい活躍を続けている。2005年第6回藤沢オペラコンクールにおける第1位、及び福永賞受賞、一躍脚光を浴びる。オペラは「ジュリアス・シーザー」セスト、「魔笛」パミーナ、パパゲーナ、「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ、ツェルリーナ、「フィガロの結婚」スザンナ、バルバリーナ、ケルビーノ、「椿姫」ヴィオレッタ、「仮面舞踏会」オスカル、「ダフネ」(日本初演)第一の乙女、「ナブッコ」アンナ、「パリアッチ」ネッダ、「電話」ルーシー、「こうもり」アデーレ、イダ、「泣いた赤鬼」木こりの娘等、幅広い役をこなし、その演技力を評価される。コンサートでは、ヘンデル「メサイヤ」、モーツァルト・フォーレ「レクイエム」、ハイドン「ハルモニーミサ」、モーツァルト「ハ短調ミサ」の教会音楽や、ベートーヴェン「第九」等のソリストとしても活躍中である。また多くのオーケストラと共演するほか、日本各地でのジョイントコンサートなどにも積極的に参加し、高評を得ている。

指導方針

多くの外国語の曲に触れながら、基礎的な発声法、音楽性を学ぶとともに社会的に通じる自己表現を学んでもらえるよう指導しています。