教員・指導陣紹介

齋藤 充 Mitsuru Saito

[管楽器]ユーフォニアム

現在の活動

ソロ、アンサンブル、オーケストラ、吹奏楽等での演奏活動、及び大学、高等学校、専門学校での後進の指導等。

略歴

国立音楽大学卒業、卒業時に矢田部賞受賞。奨学金を得てアメリカに留学。ミシガン大学大学院修士課程、ノーステキサス大学大学院博士課程修了。日本人初となるユーフォニアムで音楽芸術博士号を取得。日本管打楽器コンクール、フィリップ・ジョーンズ国際コンクール、レオナルド・ファルコーニ国際コンクール第1位。読売新人演奏会、NHK-FMリサイタル、東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」、国際テューバ・ユーフォニアムカンファレンス等多くの演奏会に出演。侍Brass、ズーラシアンブラス各メンバー。国立音楽大学、同附属高等学校、尚美ミュージックカレッジ専門学校各非常勤講師。

指導方針

正しい奏法を身につけ、自然な音楽性を習得し、その上で独創性を生み出すことができる音楽家を育成していきたいと思います。