教員・指導陣紹介

木村 美音子 Mineko Kimura

指揮

現在の活動

アマチュアからプロフェッショナルまでの様々な団体の指揮をしている。

略歴

東京音楽大学ピアノ専攻卒業。公立学校の音楽専科教諭をしながら、ピアノリサイタルの開催や、フランスでの国際ピアノコンクールでファイナリストとなる等積極的に演奏活動を行う。その後指揮者を目指し、洗足学園音楽大学附属指揮研究所入所。マスタークラス研修生として、同大学のオーケストラやオペラの演奏会で研鑽を積む。指揮を秋山和慶、川本統脩、増井信貴の各氏に師事。スコアリーディングを島田玲子氏に師事。2003年総監督寛仁親王、演出神津善行各氏による「トルコ音楽の夕べ」に出演、東京シンフォニー・チェンバーオーケストラを指揮。2005年「フレッシュ名曲コンサート」で東京交響楽団を指揮してデビュー。2006年国際音楽アカデミー(イタリア)指揮マスターコースにてディプロマ受賞。オーケストラ以外にも東京アカデミー合唱団、所沢モーツァルト合唱団、横浜シティオペラ、川崎市民オペラなどの合唱団やオペラの指揮者としても幅広く活躍している。

指導方針

第一に人として、自分の個性を大切にしながら他と協力、共感しあえるように。第二に音楽人として自分の個性と音楽が結びつき、将来音楽家として活動できるような基礎を指導したい。