教員・指導陣紹介

ミハイル カンディンスキー Mikhail Kandinsky

ピアノ

現在の活動

ソロリサイタル、サロンコンサート、コンチェルト、室内楽、レコーディング。ラフマニノフを中心としたロシア音楽の演奏、普及紹介に努めている。

略歴

グネーシン音楽学校在学中ロシアオーケストラとの共演に選ばれプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番でデビュー。モスクワ音楽院名誉卒業、英国王立音楽院大学院修了、ウィンゲート賞受賞。ロシア・グネーシン記念音楽院大学院修了。E.ヴィルサラーゼ、H.ミルン、W.トロップの各氏に師事。ロシア・西欧で活動後、2001年来日。現在4枚リリースのCDはロシア新聞、朝日新聞、レコード芸術他いずれも高評を得、モスクワラジオ局より放送もされている。

指導方針

ロシアピアニズムの伝統である、歌う自由な音を伝えるとともに、それぞれの個性の輝きを大切に伸ばしたい。