教員・指導陣紹介

吉岡 美佳 Mika Yoshioka

[バレエ]グローバルクラス

現在の活動

チャコットカルチャースタジオにて講師
Mika Ballet主催
東京バレエ団にてリハーサル指導

略歴

愛媛県松山市出身。
12歳のときにモスクワへ短期留学。
1985年 全日本バレエコンクールでジュニア部門第一位。
1986年10月から1988年までスイスのサンガレン州立バレエ学校で学ぶ。
1989年4月、東京バレエ団に入団。
1993年のモーリス・ベジャールの『M』世界初演では、ベジャールより生命と再生の源を象徴する女に抜擢され、1994年『パーフェクト・コンセプション』世界初演では、キリアンのミューズとして印象的な踊りを披露。以降、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「ドン・キホーテ」、「ラ・シルフィード」、「ジゼル」、「オネーギン」「春の祭典」、「テーマとヴァリエーション」、「エチュード」などほとんどの作品で主演。ウラディミール・マラーホフ、マチアス・エイマン、フリーデマン・フォーゲル、マチューガニオ、マニュエル・ルグリ、ロベルト・ボッレ、などとパートナーを組んでいる。東京バレエ団海外公演では、パリオペラ座、ミラノスカラ座などの多数のオペラハウスで主演している。
2005年 ベルリン国立バレエ団にて「マラーホフ版 眠れる森の美女」をマラーホフと主演。以降、「マラーホフ&フレンズ」にも参加。
2011年ローザンヌのボーリュー劇場で行われた、モーリス・ベジャール・バレエ団による東日本大震災復興支援公演に招かれる。
愛媛県「文化特別功労賞」を受賞。
2016年3月、東京バレエ団退団
2016年4月、モーリス・ベジャール・バレエ団(Béjart Ballet Lausanne)入団。
2017年に同バレエ団を退団