教員・指導陣紹介

相田 麻純 Masumi Aida

声楽

現在の活動

オペラや宗教曲のソリストとしての活動。歌曲などの演奏会に出演。

略歴

東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程および博士後期課程の音楽研究科オペラ専攻を修了し、博士の学位を取得。
在学中に安宅賞、アカンサス音楽賞および同声会賞受賞。
第12回東京音楽コンクール第三位。
第77回日本音楽コンクールおよび第9回藤沢オペラコンクール入選。
藝大オペラ定期公演においてロッシーニ《セヴィリアの理髪師》ロジーナ役でオペラ・デビュー。
横浜オペラ未来プロジェクト2007においてミヒャエル・ハンペ演出の同オペラにも同役で出演。
明治安田クオリティオブライフ文化財団の奨学生としてイタリアのパルマ音楽院に留学。
パルマ歌劇場主催の教育オペラにてロッシーニ《セヴィリアの理髪師》ロジーナ役、並びにヴェルディ《運命の力》プレツィオジッラ役にて出演。オーディションに合格し、パルマ歌劇場におけるヴェルディ・フェスティバルのコンサートに出演。
モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》ドラベッラ役、プッチーニ《蝶々夫人》スズキ役などのレパートリーを持ち、モーツァルト《フィガロの結婚》ケルビーノ役、フンパーディンク《ヘンゼルとグレーテル》ヘンゼル役などの男性役も得意としている。
宗教曲においては、ヘンデル《メサイア》、バッハ《ロ短調ミサ》、モーツァルト《レクイエム》、ロッシーニ《スターバト・マーテル》、ベートーヴェン《第九》、ヴェルディ《レクイエム》、マーラー《復活》などにおいてソリストを務める。

指導方針

声楽においては「身体が楽器」であることをきちんと理解することが大切であると考えています。骨格や声帯などによって、人間は一人一人違いがあります。その違いに目を向け、頭から足のつま先まで、どのような状態で発声すると良い声が出るのかを生徒に寄り添いつつ指導していきます。生徒には歌うことの楽しさを聴いている人にも伝えられる歌い手になって欲しいと考えています。