教員・指導陣紹介

吉田 將 Masaru Yoshida

[管楽器]ファゴット

現在の活動

読売日本交響楽団首席ファゴット奏者。国際宮崎室内楽音楽祭、木曽音楽祭レギュラーメンバー。サイトウキネンオーケストラ首席奏者。水戸室内楽奏団レギュラー出演等。

略歴

1964年東京生まれ。武蔵野音楽大学卒業後、89年西ドイツ国立ハノーファー音楽大学ソロクラスを卒業。岡崎耕治、クラウス・トゥーネマン各氏に師事。87年B.S.O.ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニーに首席奏者として入団。第3回日本管打楽器コンクール第2位入賞。89年ベルギー王立フレミッシュオペラ首席奏者を経て、同年、読売日本交響楽団へ首席奏者に就任。読響のソリストとして数回出演。武蔵野音楽大学、日本大学芸術学部、国立音楽大学各講師。小澤征爾音楽塾講師。木曽福島音楽祭、宮崎国際室内楽音楽祭などにレギュラー出演。水戸室内管弦楽団、サイトウキネンオーケストラに首席奏者として活躍中。オイロス・アンサンブル、パルティノン多摩マスターズプレーヤーズ各メンバー。

指導方針

音楽に不可欠な想像力を刺激。演奏活動に基づく実践的レッスン。