教員・指導陣紹介

奥村 昌見 Masami Okumura

声楽

現在の活動

誰もが楽しめるよう工夫をしたコンサートを日本、フランス各地で行っている。
ランプレッション・ミュージック・スクールを主催。発声、歌唱、朗読を指導する。
オペラ合唱曲を歌う混声合唱団「ザ・メイプルズ」を指導。

略歴

奥村昌見(MASAMI ソプラノ)
大学在学中に大学オペラ「マルタ」のタイトルロールを歌いオペラデビュー。続いて大学オペラ「フィガロの結婚」スザンナ、「コシ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「魔笛」パパゲーナ等に出演。
卒業後は、日本オペラ協会「天守物語」亀姫、「死神」タイトルロール、日生劇場「ピンピノーネ」ヴェスペッタ、藤原歌劇団「カルメン」ミカエラ等、多くのオペラに出演。またテノール歌手五十嵐喜芳氏のパートナーに抜擢され、日本各地でのコンサートに出演した。
1988年渡伊。日本に於いてオペラや、作曲家神津善行氏のプロデュースするCD制作、コンサート、ラジオ放送、芝居などに出演を続けながら、ミラノのA・ソレジーナの元で研鑽を積む。
1994年フランスで「蝶々夫人」のタイトルロールを歌い国際デビューしてからは、活動の拠点をフランスに移してオペラやコンサートに出演。
2004年帰国後は、幅広いレパートリーを活かし、誰もが楽しめるよう工夫をしたコンサートを日本、フランスで行い好評を博している。
CD「胎教の為の音楽」コロンビア。CD「希望の翼」Mジーン。
A・ソレジーナ、栗本尊子、中沢桂、東敦子に師事。
藤原歌劇団団員、日本オペラ協会会員、日本演奏家連盟会員。
洗足学園大学音楽学部声楽科卒業。同専攻科修了。オペラ研修所1期生終了。

指導方針

大学時代は声を作り、テクニックを育てる大切な時期です。
生まれ持った声の可能性を最大限に引き出すため、まずはそれぞれの発声の問題や疑問に向き合い、一つ一つ説明、解決し、声を作っていきます。同時に、出来るだけ幅広く、多くの声楽曲を学びましょう。沢山の曲を学ぶことで力が付きます。日本とヨーロッパに於ける私の音楽経験、舞台経験、そしてご縁のあった素晴らしい音楽家達から得たことを活かし、ご指導いたします。