教員・指導陣紹介

MaSaKo MaSaKo

[ダンス]ジャズダンス

現在の活動

ダンサー/振付師/演出家 (MaSaKo)

国内・海外アーティストの振付やダンス指導、バックアップダンサーを務め、TV番組やラジオ番組に出演。
2008年より設立したダンスプロジェクトEnvoyer de MaSaKo (アンボワイエ・ドゥ・マサコ)の同公演での出演、全プロデュース(振付・構成・総合演出)を行う。
多数の専門学校でのダンス指導や各地でのダンスレッスン、ワークショップを開催し、後進の育成も行なっている。

略歴

5歳の頃から8年間バレエを学び、高校卒業後アメリカ・ロサンゼルスへ単身渡米。渡米後まもなく、全米・ 欧州で大人気 FoxTV『In Living Color』(歌手のBruno Mars(ブルーノ・マーズ )アルバム収録曲「Finesse/Remix Feat. Cardi B」MVは同番組をリバイバルし話題を集めている)の番組内女性ダンスユニット"Fly Girls"初の日本人ダンサーとして選ばれ、他局ゲスト出演やCM、ステージなどに出演し活躍する。
その後、日本に拠点を移し久保田利伸全国ツアーの振付/出演、他アーティストやCM(武富士)などの振付、舞台(劇団四季)など幅広く第一線で活躍する。

2008年には、ダンサーやアーティスト達が思いっきり踊りパフォーマンス出来る場所を創りたい!!という“本気の思い”から、自己発信をテーマにMaSaKo自らトータルセルフプロデュースを務める/ダンスプロジェクト〜Envoyer de MaSaKo〜MaSaKoからの発信〜を立ち上げ、10年に渡り毎年2・3回各地でのダンス公演を行い、全て大盛況大成功にて閉幕している。

2015年には株式会社 Envoyer de MaSaKoを設立。
2017年8月関西(新大阪)にダンススタジオEnvoyer de MaSaKoをオープン。
“ダンスを通して本物の笑顔の輪を繋ぎ広げたい”という思いと共に未来のアーティストの心身の育成にも力を入れている。
(公式HP→http://envoyer-de-masako.com/)

指導方針

ダンスを通し、一人一人の持つ“本気”、“やる気”を引き出し、“心” 想いを大切に育て、表現豊かに「それぞれの願うなりたい自分に」近付けるような指導を目指します。