教員・指導陣紹介

佐藤 昌弘 Masahiro Sato

[作曲]器楽/管弦楽
音楽教育

現在の活動

本学での教育活動、作曲、音楽教育、音楽史に関する研究。芸術音楽の分野における作曲活動。日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)にて事務局長を任務。

略歴

1987年東京藝術大学音楽学部作曲科を首席で卒業。
1990年同大学大学院音楽研究科作曲専攻修士課程修了。松村禎三、佐藤眞の両氏に作曲を師事。同年第12回日本交響楽振興財団作曲賞入選。
1991年第1回芥川作曲賞ファイナリスト。
1992年回日本音楽コンクール作曲部門第3位入賞(オーケストラ作品、1位なし)。
1998年第20回日本交響楽振興財団作曲賞入選。
近年はモーダルなトナリティによるロマンティシズムを追求した創作活動を展開、ピアノの自作自演も積極的に行っている。
近作に《Mirage》(2012/オーボエ、二十絃箏)、《Legend》(2013/弦楽オーケストラ)、《Entrance》(2014/フルート、ピアノ)、《Duologue II》(2014/チェロ、ピアノ)、《Nocturne》(2015/クラリネット、ヴィブラフォン)、《Danse Prelude》(2015/フルート、ピアノ)、《Quatre Saisons》(2016/フルート2、ピアノ)などがある。著作は「コンテンポラリーピアノ」(2000/全3巻、東亜音楽社)、「“音楽づくり”ワークショップを楽しむために」(2007/共著、マザーアース社)、「和声課題集I」(2016/共著、音楽之友社)がある。
日本現代音楽協会にて2007年より現在まで事務局長を任務(2012年度のみ副会長)、これまでに木村かをり、篠崎史子、吉村七重、上野信一&フォニックス・レフレクション、高橋アキ各氏リサイタルなど同協会主催公演のプロデュースを数多く手がける。

指導方針

授業、レッスンでは「わかりやすさ」をモットーに行っております。そして日頃より、本学の学生の音楽感性をより洗練されたものに導きたいと考えており、音楽のみならず文学、美術など芸術の一流の作品に触れることを勧めております。

研究実績

種別 名称(著書、論文、演奏活動等) 単/共 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
著書 「教職科目としての『音楽史』を考える」 2018年2月 洗足論叢第46号(洗足学園音楽大学、洗足こども短期大学) 研究ノート
全14ページ
作品発表 「Interlude」 2010年11月 協創 新しい音楽のカタチ―現音・特別音楽展2010第3夜「アンデパンダン展第2夜」 フルート独奏曲
(委嘱作品)
於 東京オペラシテイ・リサイタルホール
著書 「コード進行法の基礎」 2014年2月 洗足学園音楽大学オンラインスクール・総合音楽講座(Web) ハーモニーついての音楽理論書
全13頁
作品発表 「Legendo for String Orchertra」 2014年3月 現代の音楽展2014「弦楽オーケストラ展~21世紀の弦楽の魅力」 弦楽オーケストラ曲
於 府中の森芸術劇場ウィーンホール
著書 「ネットで採点 和声学課題集Ⅰ」 2016年8月 音楽之友社 山田武彦教授、久行敏彦教授、清水昭夫准教授(執筆責任)と共著の和声学の課題集