教員・指導陣紹介

大坂 昌彦 Masahiko Osaka

[ジャズ]JZドラム

現在の活動

大坂昌彦assemblage,
EQ,
The Most,
Trio Vintage,
守屋純子オーケストラ,
Scene Of Jazz

略歴

1986年奨学金を獲得し、バークリー音楽大学に留学。在学中にデルフィーヨ・マルサリスのバンドに在籍し全米各地のジャズフェスに出演。NYでの活動後、1990年に帰国。
大坂昌彦・原朋直クインテットを結成。アルバム6枚をリリース。うち2枚がスイングジャーナル誌でゴールドディスクに選定される。
一方、日米混合バンド、ジャズネットワークスでもアルバム4枚をリリース。自己のアルバムも7枚リリースしており3枚目の「Walkin' Down Lexington」はスイングジャーナル誌で制作企画賞を受賞する。
4枚目のアルバム「Cross Fade」収録時にはMBS放送でドキュメンタリー番組を制作、放送される。2001年レギュラーメンバーによる、5枚目のリーダーアルバム「Reborn」を発表。2002年EQを結成。 2004年、同グループでEQで「 東京ジャズ」に出演。同年、上海ジャズにも出演。2008年に7年ぶりとなるリーダーアルバム「Hommage」を発表。本作でコラボレートした自動車メーカーAUDIのイベント「music meets art」に2008、2009年と出演。
2010年に「Funky 7」をリリース。2011年にはScene of Jazzで台中ジャズに出演。2012年には釜山ジャズにジャパン・オール・スターズのリーダーとして出演。単独リーダーアルバム8枚目となる「assemblage」を発表。100枚をこえるジャズのアルバムに参加している。
現在はEQを始め、the Most 、Scene of Jazz、サムライ・ビバップ・トリオ、F.E.J.E.、trio vintage、守屋純子オーケストラ等のレギュラーグループで精力的に活動しており、スイングジャーナル誌読者投票ドラム部門では1995年より16年間一位に選出され続けた。
1996年より洗足学園音楽大学の非常勤講師を務め、2012年客員教授に就任。

http://www.masahiko-osaka.com/

指導方針

教育方針
伝統に根ざしたジャズの研究。コンテンポラリー・ジャズ及びコンテンポラリー・ジャズ・ドラマーの研究。
使用教則本
シンコペーション・ブック、オール・アメリカン・ドラム、ジャズドラム徹底エクササイズ、その他を生徒のレベルに応じて使用。