教員・指導陣紹介

マーク・トゥリアン Mark Tourian

[ジャズ]JZベース

現在の活動

米国コロラド州デンバー市出身。12歳よりプロとしてステージに立つ。名門ブラウン大学、エール大学院で幅広く音楽を学ぶ。
1990年~93年 アーティー・ショウ・オーケストラに在籍。カナダ、スウェーデン、全米各地をツアー。
1993年 トミー・ドーシー・オーケストラに在籍。全米ツアー。
1994年 グレン・ミラー・オーケストラに在籍。日本、ハワイ、全米ツアー。
1994年~95年 ニューヨークのSmall’s Jazz Clubジャムセッションにて、ハウス・バンド・ベーシストとしてレイ・ブライアント、ウイントン・マルサリス等と共演。
2002年~ 多国籍ジャズグループ『Candela』のメンバー。
2003年 ファースト・アルバム『Mogami』が大好評を得る。
2004年7月 セカンド・アルバム『Rise Above』をリリース。ニューヨーク BlueNote、ニューヨーク Joe's Pub、 トロント・ジャズ・フェスティバル等で出演。また全国で、ジャズ・フェスティバル、コンサート等活動。
2004年11月 原 とも也とのデュオCD『Window』をリリース。
2006年9月 Window Trio 日本全国ツアー。2007年8月。CD『波紋 WindowTrio Live』をリリース 2007年9月。Window Trio 日本全国ツアー。
2008年9~10月 Window Trio with Melissa Morgan 日本全国ツア ―。2010年2月 Window Trio with Melissa Morgan NYツアー。
2011年12月~ 兵庫芸術文化センター管弦楽団のリズムベース担当 2011年10月 「MT6」、六人編成バンドを結成。ライブハウス、コンサートでオリジナル作曲、編曲を演奏する。
2013年3月 MT6九州ツアー
2014年6月 「アルコバンド」を結成。弓で弾くコントラバスをメイン(旋律楽器)としたバンド 。
2018年9月 Akio Sasajima/Randy Brecker Quintet「Aranjuez Suite」のリリース、ツアー
2019年4月 Akio Sasajima/Randy Brecker Quintet2枚目のCD録音予定。

主な共演者:ジョー・ヘンダーソン、日野皓正、デイヴ・リーブマン、トム・ハレール、ルー・タバーキン、エディ・ヘンダーソン、原 信夫、前田 憲男、五木ひろし、錦織 健、秋元順子、姜 建華、エリック・マリエンサル、ビリー・エクスタイン、ニーナ・フリーロン他
映画:「Nodame Cantabile- The Movie」、「シンバル」の役(東宝 2009、上野 樹里、玉木 宏主役)『ラスト・ラブ』(松竹 2007、田村正和、伊藤美咲主役)、『バルトの学園』(東映 2006、松平 健主役)