教員・指導陣紹介

曽根 マリ Mari Sone

[弦楽器]ヴァイオリン

現在の活動

桐朋学園大学附属子供のための音楽教室(仙川教室、お茶の水教室)また桐朋学園芸術短期大学にて非常勤講師を務める。洗足ジュニアコンクール、日本クラシック音楽コンクール審査員。姉(斉木ユリ Pf)と共にデュオ“ラ・ブランシュ”を結成、他に様々なアンサンブルやオーケストラなどで演奏活動を行なう。

略歴

石井志都子氏に師事し桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業。
第33回全日本学生音楽コンクール東日本第1位。第53回日本音楽コンクール入選。
東京文化会館推薦音楽会、第55回読売新人演奏会、NHK-FMなどに出演。
「桐朋学園オーケストラの夕べ」にてコンチェルトを協演。1985年、1986年全額奨学金を得て、アメリカタングルウッド音楽祭に参加。
スイス講習会にてナタン・ミルシュタイン氏、イヴリー・ギトリス氏に師事。
桐朋学園大学弦楽器科助手を務めた後、ドイツフライブルグ音楽大学大学院に留学、ライナー・クスマウル氏に師事。同大学オーケストラとコンチェルトを協演、南西ドイツ放送にて放送される。カール・フレッシュ国際アカデミーにて最優秀賞受賞、ソリストとしてバーデンバーデンオーケストラと協演。
マリア・カナルス国際コンクールにてディプロマを受賞。同大学院を首席で修了後帰国。

指導方針

一人ひとりの人間的な成長も大切にして、ある時は共に悩み、また共に喜び、音楽の素晴しさ、ヴァイオリンの楽しさを一緒に感じながら、それぞれの個性、可能性を広げていく手助けをしていきたいと思います。