教員・指導陣紹介

maiko maiko

[ジャズ]JZヴァイオリン

現在の活動

ジャズクラブ、ライヴハウスを中心に都内や全国で自身がリーダーのライヴ活動をするとともに、HYPS、MISHIMA、SJS、柴馬クラブ等様々なバンドへも参加。ポッドキャスト「舞らじお」も好評を博している。

略歴

3歳からヴァイオリンを始める。京都市立芸術大学卒業。1999年4月に上京、ジャズのライヴ、セッションに通いつめ、腕を磨く。99年12月、第19回浅草Jazzコンテストでベストプレイヤー賞を受賞。2001年10月横濱ジャズプロムナード、ライヴコンペティション本選大会で向井滋春賞を受賞。吉川よしひろ氏のザ・チェロ・アコースティックス、横山達治氏のパーカッショングループ等を遍歴。ジャズ理論をピアニストの福田重男氏に師事。中西俊博氏、寺井尚子氏のアシスタントをしながら、表現者としての感性を磨き、独自のスタイルを確立する。ビバップ、スウィング、ECM、フュージョン、ラテンと幅広いジャンルを網羅する、音色の美しさと熱い演奏が身上であり、歌心あふれるオリジナルナンバーには定評がある。2006年11月ファーストアルバム「Trust Your Heart」をリリース。2007年12月セカンドアルバム「Glowing Colors/Live at Motion Blue Yokohama」をリリース。

http://www.jvmaiko.com/

指導方針

ライヴ活動で経験してきた、より「実践的」な事を、そして「表現する」という事の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。そして、ヴァ イオリンという楽器をジャズでどう生かすかレッスンを通して一人一人に合ったものを見付けていきたいと思います。