教員・指導陣紹介

佐藤 浩一 Koichi Sato

[ジャズ]JZピアノ

現在の活動

佐藤浩一グループ、Bungalow、rabbitoo、橋爪亮督グループ、土井徳浩カルテット、小林桂グループ、佐藤恭子リトルオーケストラ、挾間美帆m_unitなど、さまざまなグループのツアーやレコーディングに参加。

略歴

1983年横浜市出身。
洗足学園音楽大学、バークリー音楽大学を卒業。5歳よりピアノを、16歳からジャズピアノを始める。洗足学園音楽大学でトム・ピアソン氏、元岡一英氏に師事。2005年浅草ジャズコンテストで「宮里陽太Quartet」としてグランプリを受賞。同年夏渡米、バークリー音楽大学に留学。JoAnne Brackeen、Alain Mallet、Danilo Perezらに師事。2006年「ピアノデパートメントアチーブメント賞」受賞。ノーステキサス・ジャズフェスティバルで「アウトスタンディングソリスト賞」受賞。同校卒業後ニューヨークに移住。Kevin Haysに師事。2008年帰国し都内を中心に演奏活動を始める。2009年にボストンでのレコーディングに招かれ、John Lockwood(b)やZe Eduardo Nazario(ds)らと共演。2010年には小林桂(vo)のレコーディングにもアレンジャー兼ピアニストとして参加。2011年、ポニーキャニオンより初のリーダーアルバムをリリースし、メジャーデビュー。2012年より、洗足学園音楽大学非常勤講師に就任。

http://koichisato.com

指導方針

それぞれが自分の耳を信じて自身の音楽・自身のヴォイスを見つけられるよう手助けしたい。