教員・指導陣紹介

藤原 清登 Kiyoto Fujiwara

[弦楽器]コントラバス
[ジャズ]JZベース

現在の活動

コンサート。録音。作編曲。

略歴

高松市に生まれる。音楽家の両親のもと、 16歳でベースを始め、東京芸術大学音楽部教授、故今村清一氏に師事。1974年に渡米。バークリー音楽院を経てジュリアード音楽院卒業。同院にてニューヨークフィル主席コントラバス奏者ジョン・シェイファー氏に就いて学ぶ。21歳、ホレス・シルバー・クインテットにて米国デビュー、ツアーに参加。同年に米レーベルMuse、及びStrata Eastにクリフォードジョーダン、シャミークファラのアルバムでレコーディングデビューする。ホレス・シルバー・クインテットをはじめ、ジャッキー・マックリーン、クリフォード・ジョーダン、ラシッド・アリ、サム・リバース、ジョー・リー・ウィルソン、ウディー・ショウ、ジャッキー・バイヤードなど多数、ジュリアードオーケストラの一員としてヨーロッパツアーにも参加。また他分野の進歩的な芸術家と多数共演。N.Y.のヴィレッジゲート、スィートベイジル、ブルーノート、ムジカオッジ(イタリア)、イントーンフェスティバル(オーストラリア)などに出演。ジャズ、クラシックの垣根を越えた幅広いジャンルで活躍。1985年自己のグループ(ケニー・ギャレット、トーマス・チェイピン等を含む)結成以来現在までリーダーアルバム 14枚発表。その他参加アルバム多数。近年日本でもCDリリース、コンサート活動もめざましく、2013年には自己レーベルGARUGANTUAを創設。

http://kiyotofujiwara.com/

指導方針

自由な音楽表現、創作のための基礎、方向性を一緒に学んでいきたい。コントラバスについては、より自由に扱えるためのテクニックの研究、またボウイング(フレンチボウ奏法の基礎を含む)も積極的に取り入れていきます。