教員・指導陣紹介

白仁“KOTETSU”賢哉 Kenya“KOTETSU”Shirani

[ジャズ]ジャズヴォーカル

略歴

佐賀県佐賀市出身。10歳の頃、テレビで見たトロンボーンに憧れて、ブラスバンド部に入部し、トロンボーンを始め、以後中学、高校と吹奏楽部で活動。 15歳の時に聴いたBoyz II Menの歌に衝撃を受けて以来、ブラックミュージックに傾倒し、ボーカリストを志すようになる。 佐賀西高等学校を卒業後、洗足学園音楽大学音楽学部音楽科Jazz科に入学し、米国Berklee College of Musicに奨学金を得て留学、卒業。 ボーカルを西田麻美、Dana Hanchard、Jerome Kyles、Jeff Ramsey、Gabrielle Goodman 各氏に師事。 2011年より”KOTETSU”名義で首都圏を中心にでプロミュージシャンとして活動を開始。 ブラックミュージック全般に精通したその歌声は各方面に評価され、映画音楽では2011年、俳優の織田裕二氏主演映画”アンダルシア”、2013年、福山雅治氏主演映画”ガリレオ ~真夏の方程式~”の劇中歌にその歌声が採用される。さらに、ジャズピアニスト、クリヤマコト氏が主催したアドリブコンテスト2011に於いて東京部門で優勝、SUPPORTED BY THELONIOUS MONK INSTITUTE OF JAZZOSAKA ASIAN DREAMS JAZZ COMPETITION2013では、3位入賞など複数のコンペティションに置いて受賞暦を持つ。クリヤ・マコト氏とのユニット”KOTETSU meets クリヤ・マコト”、Daisuke、吉岡悠歩とのコーラスユニット”DUK s”の他、2013年にはシンガー、マリーンのレコーディングやツアーに参加、2014年にはクリヤ・マコト、マリーンと共にロンドンで行なわれた、”Tokyo Jazz Fest London 2014”に、同じくクリヤ・マコトとは、2015年にも、ポーランド、シチェチン市で行なわれた、同国と日本の交流ラジオ番組、ライブに出演するなどその活動が国境を越え多岐に渡る中、Jazz/R&Bにスタンスを置いた自身のユニットでの演奏活動も精力的に行っており、今後の活躍がが期待される若手シンガーである。代官山音楽院講師、洗足学園音楽大学非常勤講師。 http://www.kotetsujazz.com/