教員・指導陣紹介

小谷野謙一 Kenichi Koyano

[作曲]ゲーム/コンピューター音楽

現在の活動

作・編曲家、著述家として活動。アーティスト作品からゲームミュージックまで幅広く手がけ、これまで手がけたゲーム作品は30タイトル以上。室内楽作品や自作の和声等も積極的に発表し続けている。「楽典」から「オーケストラの打ち込み方」まで多数の単行本を執筆。
オフィシャルHP https://magicalmop.wixsite.com/kenichi-koyano

略歴

東京藝術大学音楽学部作曲科卒。作曲を石桁真礼生、佐藤眞、川崎絵都夫の各氏に、音楽理論を國越健司氏に、ピアノを岡野壽子氏に師事。
 ゲームの代表作にはNintendoWii「ポケパーク〜Wii〜ピカチュウの大冒険(2010年)」,同「ポケパーク2〜Beyond the World」(2011年)、SONY PlayStation2「るろうに剣心 〜明治剣客浪漫譚〜 炎上!京都輪廻」(2006年)、同「犬夜叉・奥義乱舞」(2005年)等がある。
 1994年から2016年6月まで、月刊誌DTMマガジン(寺島情報企画刊)誌上にてPCによる音楽制作の連載記事を執筆。
テレビアニメ 「ポケットモンスター ベストウイッシュ」のオープニングテーマ「ベストウイッシュ!」の編曲を担当(2010年)。またアーティスト作品としては「MISIA」のLIVE「星空のオーケストラ」で「忘れない日々」のオーケストラ編曲を担当(2010年)、 その演奏はDVD「星空のライヴⅤ Just Ballade with 星空のオーケストラ2010」(BVVL 34-35)に収録。2018年、室内楽作品「2つのVn.Vc.Cb.のための四重奏曲」(2016年4月 ティアラ江東にて初演)が5度の再演を経て、弦楽四重奏団ENSEMBLE RISCOPERTAの2nd.CD「四花繚乱」(OPFF-10044)に収録される。
 著書には「よくわかる楽典の教科書(ヤマハミュージックメディア刊):2011年(単著)」、「DTMでクラシック〜名曲で学ぶ表情豊かな打ち込みテクニック〜(ヤマハミュージックメディア):2013年 (単著)」、「絶対!わかる 楽典100のコツ (ヤマハミュージックメディア):2015年(単著)」等がある。2017年、自作の和声課題72題(24題×3シーズン)を自身のオフィシャルHPにて公開。

指導方針

創作において、「こうなってしまった・・」ではなく「このようにしたかった!」という充実感を目指してほしい。「感性」と「理論」を創作の両輪として捉え、音楽的な表現がより自在で豊かなものになる事が理想と考えます。各人の個性が生きる指導を心掛けたいと思います。

動画