教員・指導陣紹介

斉藤 加津代 Kazuyo Saito

[ミュージカル]バレエ

現在の活動

谷桃子バレエ団団員
日本バレエ協会 正会員

略歴

4歳よりバレエを始め尾本安代に師事。 1993年谷桃子バレエ団研究所に入所。2008年谷桃子バレエ団に入団。準団員を経て団員となる。 2012年同バレエ団公演New・Passion・Wave.1『白鳥の湖』にて二羽の白鳥、スペインを踊る。その他『ジゼル』にてパドシス、『くるみ割り人形』にてスペイン、『ドン・キホーテ』にてボレロ等を踊る。 現在、尾本安代こどもバレエクラス、Avec Grace Ballet、恵比寿読売カルチャーにて教師を務める。2015年よりプラーンドルバレエスタジオ子供クラス主任講師となり、Central School Ballet、新国立劇場バレエ団バレエ研修所に生徒を輩出している。

指導方針

舞台上で美しい立ち振る舞いを持ちながら、自分の表現をより大きく客席に伝えることができるよう、クラシックバレエのレッスンを通し、身体の使い方を学んで頂き、これからの舞台活動に活かしていって頂けたらと思っています。